地球に優しい家!

2019年4月12日

こんにちは。関西営業所の河合です。
ご無沙汰しております😅
デジカメの作動の調子が悪く、
シャッターを押しても反応なしで、
買い換えるか、修理に出すか迷うこと約1ヶ月😕
SDカードを入れ替えたところ、元通りに直りました😲❣
空き容量が半分以上あったというのに・・・

先週は、京都大学へ行って参りました。ちょうど入学式💮の日で
賢そうな新入生がスーツ姿でキャンパス内を行き交う様子が見られました👔

なぜ京都大学に行ったのかというと、こどもの入学式に・・・というわけではなく、
たまたま当社の素適ラボに行く用事があったからです😜

ここには木材の商品開発につながる
研究をしている人たちが在籍しています。
私たち「ナイス」は「🌲木の会社🌲」として、
木材を通して世の中を豊かにしようと、日々追求しているのです💻

京都には「京都議定書」というものがあり、
地球温暖化防止の観点で様々な取り組みを行っています。
そのため、「木」に関することを聞かれる機会も多いので、私も日々勉強しています✏

例えば、一般的に30坪程度の木造住宅に使われる木材は
「約20立方メートル」ほどで、その半分、「約10トン」の炭素を固定するようです。
つまり、木が植林されて成長する過程において、
どんどん二酸化炭素を吸い取っており、伐採・製材されて建築に使われると、
数十年後に解体されて燃やされるまでは
その木材に炭素が閉じ込められている状態であるそうです😃
ただ使い捨てるのではなく、
長持ちするもの≪長期優良住宅≫が地球環境にも優しいといわれるのは、
こういったことからも説明できるのです🌍